分け目部分のボリュームがなくなると老けた印象を周りに与えてしまう

分け目部分のボリュームがなくなると老けた印象を周りに与えてしまう

髪の毛の悩みは男女共通のものです。

 

男性の場合は頭頂部などが薄くなることが多いのですが、女性の場合は分け目から薄くなることが多いので、ボリュームがなくなってヘアスタイルの維持が難しくなります。

 

分け目部分のボリュームがなくなると老けた印象を周りに与えてしまうので薄くなる前に予防をしたり、早めに対処することが大切です。

 

今すぐにでもできるのは、分け目を変えることです。この分け目部分の薄毛は牽引性脱毛症と呼ばれていて、髪に毛を毎日引っ張り続けることで分け目部分が薄くなる病気です。

 

 

この脱毛症は若くてもなることがありますが、とくに40歳以上の女性に多いとされています。

 

毎日同じ部分に圧力がかかることで薄くなるので、圧力がかかる部分を毎日変えることで予防することができます。

 

とくにポニーテールのように強い力でひっぱる髪型は、毎日するのではなく、特別な日や決められた日にだけにすると薄毛を防ぐことができます。

 

この他の対処法としては、育毛剤などを使用することもできますが、育毛剤は効果を実感するまでに数ヶ月間かかるので、分け目を変えるなどの方法と同時に使用する必要があります。

 

分け目が薄くなった場合は、思い切ってその部分が隠れるようなヘアデザインをすることもできます。

 

男性の場合も真中部分が薄くなった時には横分けにすることがありますが、女性の場合も真ん中が薄くなったら分け目を変えることで薄毛を隠すことができます。
薄くなった髪の毛を増やすためには、ミネラルやアミノ酸などをしっかりと摂取して睡眠時間を確保することが大切です。

 

成長ホルモンが分泌されると健康な髪の毛を増やすことができるので、薄毛を改善することができます。
とくに女性は薄毛の進行がゆっくりなので、正しい対処をするだけで症状を改善することが可能です。

 

また間違ったシャンプーの方法でも薄毛になることがあります。

 

何度もシャンプーをして皮脂を流しすぎると頭皮トラブルが起きてしまって薄毛になることもあります。

 

フケやかゆみが出てきたらシャンプーとの相性が悪いことや皮脂の流しすぎの可能性があるので、早めに対処することが大切です。