シミを予防するためには紫外線と戦う肌の力もアップさせなければいけない

シミを予防するためには紫外線と戦う肌の力もアップさせなければいけない

シミができるのは紫外線が原因です。外からガンガン照ってくる日の光からは紫外線が放射されています。

 

 

この紫外線から肌を守るために、メラニン色素が作られるのです。このメラニン色素が使われた後は普通ならそのまま排出されるのですが、このメラニンが上手く排出されず肌に残ることがあります。これが蓄積されたものがシミになって肌に現れるのです。つまりシミを作らないために重要なのは「メラニン色素を作らないこと」です。

 

 

このメラニン色素を作らないためには肌に強い紫外線を浴びること自体を防がないといけません。ですから紫外線対策を日頃からしっかりとやっておくことこそが一番のシミ予防になるのです。日焼け対策のために必ず日焼け止めを塗りましょう。また日焼け止めだけではいけません。UVカット専用の帽子をしっかり被って、アイテムでも紫外線予防をしてください。

 

 

顔にできるシミはこういう努力が一番効果的です。それからシミ予防のためには肌の防御力をなるべくアップさせておくことも大事です。肌に水分が足りていないと十分は肌のバリア機能が発揮できずに、シミになりやすいのです。日頃から肌に保湿を行い、十分な保水力を持っておくようにしましょう。シミを予防するためには紫外線と戦う肌の力もアップさせなければいけないのです。

 

 

シミ予防にはこのように紫外線対策をすることが有効ですね。これでシミで泣きたくなるようなお肌を予防しましょう。

 

 

それからシミ予防のためにはポリフェノールやビタミンCを良く取りましょう。ポリフェノールやビタミンCには抗酸化作用があり、シミ対策になります。ポリフェノールをとるために「コーヒー」を飲んだり、ビタミンCのためにビタミンたっぷりの「フルーツ」を食べて、シミができにくいお肌を作りましょう。これがやがてシミ予防になります。抗酸化作用があるポリフェノールやビタミンCを取ると、抗酸化作用によりメラニン色素の生成を抑えるこおとができて、シミが予防できます。このような方法でシミを予防しましょう。