いつまでも若々しい肌を保ちたいと考えた場合、紫外線対策が重要

いつまでも若々しい肌を保ちたいと考えた場合、紫外線対策が重要

美肌を保つ為に欠かせないのが、紫外線対策です。

 

 

 

紫外線を肌に浴びると、肌は細胞を守る為にメラニン色素を発生させます。メラニン色素は日焼けの原因となるだけでなく、色素がそのまま肌に沈着すれば、シミの原因にも繋がります。若い間に多くの紫外線を浴びていると、年齢を重ねた時に、シミができやすい状態となります。

 

 

更に、紫外線というのは、シミの原因となるメラニン色素を発生させるだけでなく、肌の真皮の層にあるコラーゲンを破壊する原因となります。肌にハリと弾力を与えるコラーゲンは、正常な状態であれば網状になって真皮の層に存在しています。紫外線はその網状になったコラーゲンを破壊してしまう為、紫外線対策をせずにいると、徐々に肌はハリと弾力を失っていくことになります。ハリと弾力がなくなれば、シワやたるみができやすい状態となります。

 

 

その為、いつまでも若々しい肌を保ちたいと考えた場合、紫外線対策が重要になってきます。

 

美肌を維持する為の紫外線対策で大切なのは、紫外線が多く降り注ぐ時期を知っておくことです。

 

 

夏はしかりと紫外線対策をしているけれど、それ以外の季節は特に対策をしていないという人もいるでしょう。しかし、紫外線というのは1年中降り注いでいるものです。更に、3月頃から9月はとても多くの紫外線が降り注いでいます。夏場と違い、春先は日焼けをすることが少ない為、まだ紫外線対策をしなくて良いと考えてしまう人もいますが、そんな時期にも紫外線は肌に大きなダメージを与えています。

 

 

 

少しでも綺麗な肌を保ちたいと考えるのであれば、春先から9月末頃までは、しっかりと紫外線対策をしておくことが大切です。そして本気で美肌を維持したいのであれば、1年を通じて紫外線対策をしておいて損がありません。その時には、晴れの日だけでなく曇りの日も日焼け止めを使っておく、窓際のように日差しが差し込む場所にいる場合は、室内でも日焼け止めを使っておくことが大切です。

 

 

こうした対策を続けていくことによって、長い期間、美肌を維持していくことができます。