ハイドロキノンの効能と仕組み、注意点について

ハイドロキノンの効能と仕組み、注意点について

かつては皮膚科医の処方か個人輸入でしか手に入らなかったハイドロキノン。

 

美白について調べていると、多くの人がたどりつく美容成分でしょう。ハイドロキノンは、美容大国アメリカでは多くの女性が当たり前のように美白ケアに使用しているもの。(クリーム状でスポットタイプの物が定番です)ですが、その効果の高さゆえに「白くなりすぎてしまった」と訴訟沙汰になったこともありました。日本の化粧品に配合されているハイドロキノンは、規制によってその濃度は抑えられていますから、普通に使う分にはそんなトラブルに見舞われることはないでしょう。ですが、ひょっとしたら日本で市販されているハイドロキノン化粧品ではものたりないので個人輸入をしてみたいと考えている方もいるかもしれませんね。ちょっとその前にハイドロキノンの効能と仕組み、注意点について知っておきましょう。

 

紫外線によって生成が活発になるメラニン色素。これが増殖すると、肌の表面からはシミやそばかすとなって確認できるようになります。一般的に美白作用があるとされる成分は、主に「メラニンの生成自体を阻害するもの(シミそばかすを作らせない)」と「皮膚の代謝を促すもの(シミそばかすを消す)」の2つにわけられるでしょう。ハイドロキノンが注目されているのは、この後者の作用が際立って強いからです。できてしまったシミにアプローチするその他の成分(ビタミンC誘導体やプラセンタ)の10倍、100倍もの効果があるという見方が一般的です。
また、肌の代謝を促しながらメラニン色素の働きを阻害していくハイドロキノンの働きで、じょじょにメラニン細胞自体が減少していきます。できてしまったシミだけでなく、これからできるかもしれないシミを表皮の下でしっかり抑制もしてくれるという訳です。

 

かなりの高い美白効果が期待できるハイドロキノンですが、作用が強力なだけに使用にはやはり注意が必要。高濃度、長期間の使用で効果が出過ぎてしまう(まだらに白くなる、赤みが出る等)リスクもありますので、高濃度のハイドロキノンクリームを個人輸入で購入する前に、日本で市販されている低濃度のものでパッチテストを行いましょう。