美肌に見える近道は毛穴の目立たない肌をつくること

美肌に見える近道は毛穴の目立たない肌をつくること

綺麗な肌とは一体どういう肌の事でしょう。ハリのある肌、シミのない肌など色々ありますが一番美肌に見える近道は毛穴の目立たない肌をつくることです。
毛穴が目立たないと肌が滑らかに見える他、毛穴の影も目立たなくなる事でくすみがなくなったり化粧ノリも良くなど良いこと尽くしとなります。

 

毛穴汚れ

 

毛穴が目立たない肌作りの第一歩は、毛穴の汚れをしっかりと取り除いて上げる事です。毛穴に汚れが溜まったままだと、どんな化粧品を使用しても毛穴が引き締まる事はありません。
また、美容液などの浸透も毛穴に汚れが溜まっていると十分ではないのです。

 

毛穴に汚れが溜まる原因は、ターンオーバーが乱れていたり体質的に皮脂腺が大きい事なども関係しています。しかし、一番の直接的な原因はメイクや皮脂汚れなどがきちんと落ちていない事です。
だからまずは、メイクや皮脂汚れなどをしっかりと落とす事から始めてみましょう。

 

最近ではW洗顔不要と謳っている化粧品も多いですが、毛穴の汚れが目立つならクレンジングと洗顔は別々に行いましょう。クレンジングはメイクを落とすため、洗顔は皮脂汚れなどを落とす目的で使います。

 

クレンジング剤は、肌に合ったものを使うのが一番ですが、ポイントはお風呂など湿度の高い場所では使わない事です。例え濡れた手で使用出来ると説明にあるものでも、クレンジング力が落ちるので絶対にお風呂場などではメイクを落とさない様にしましょう。

 

スチーマーを使ってクレンジングを行う人もいますが、その場合もスチーマーを浴びながらクレンジングをするよりもスチーマーを先に使用して毛穴を開きタオルで水分を拭き取った後でメイクを落とす方がクレンジング力は高まります。
メイク落としは、水分が加わるとクレンジング力が落ちると覚えておきましょう。

 

メイクはしっかりと落とさなくてはいけませんが、皮脂は美肌の為に必要なものでもあります。ですから洗顔料は、クレンジングと違って洗浄力が強すぎるものは避けるべきです。
クレンジング後に洗顔料を使って、皮脂を取りすぎていないと感じるものを使ってください。

 

特別なパックなどをしなくても、正しいクレンジングと洗顔の2つを続けていく事で毛穴の汚れはかなり綺麗になっていきますよ。

 

美肌にまつわる新常識

 

肌と血管力の関連性が非常に強いことをご存知ですか?
最近の美肌にまつわる新常識をお伝えしたいと思います。

 

最近の研究で、毛細血管の数が加齢とともに減ってしまうということが分かったそうです。
なんと、30代くらいまでがピークとなり、歳が高齢になればなるほど、皮膚の毛細血管が4割くらい消えてなくなってしまうんだそうです。
毛細血管とは、全身の約90パーセントを占めている大変重要な組織です。
この毛細血管、実は肌弾力成分のコラーゲンを作り出す働きを持っています。
つまり、血管力が強いほど肌を美しく保つことができ、逆に血管が元気がないと肌荒れやかさつきなどといった肌トラブルが出やすくなります。

 

それだけでも驚きですが、さらに最近解明されたのが、壁細胞を守ることで毛細血管から栄養が漏れるのを阻止してあげれば血管力を維持できるんじゃないかという理論です。
壁細胞とは、毛細血管に貼り付いている壁のような物です。
毛細血管を守るようにして周りを覆っています。

 

そもそも、この壁細胞が加齢によって剥がれ落ちることで毛細血管から栄養が漏れていってしまい、
栄養が行き渡らなくなります。
そうこうしているうちに結果的に肌も衰えて老化していくようです。
血管を健康に保ち、血管力を高めることで若々しさを実年齢よりも保つことができます。

 

具体的に、どんなことをすればいいかというと、
こまめに運動をして、血流をよくすることだったり、静脈マッサージ(静脈に沿ってマッサージをすることで血液の循環をよくする効果があるそうです)や、
リンパマッサージなども効果的です。

 

ポイントは、心臓に遠い場所から始めること。
少し強めかなと思うくらいの強さで行うことです。入浴中にやるともっと効果的。
肌が弱い人は、クリームを使いながら行って下さいね。

 

また、食べ物では沖縄料理の香辛料としてお馴染みのヒハツなんかもお勧めです。
実は、壁細胞内からは、壁細胞を剥がれにくくする接着剤成分を応援して活性化する働きのあるアンジオポリエチン1という成分が出ています。
それとヒハツは、と同じ働きをすると言われているためです。

 

肌表面だけではなく、血管レベルで自分の体を労わることが若々しい美肌維持には欠かせないということです。

 

キミエホワイトプラス